POカッティングシステム2

本機の特徴

本システムは、研磨用パットのカッティング作業の際、PCを使用しレーザー加工機又は、カッティングプロッタを制御することにより、カッティング作業の時間短縮と簡素化、複雑な形状のカット、登録された加工データによる繰り返しカット等、作業と管理を容易に行うことが可能なシステムです。
又、研磨パットのカット形状プログラム設定は非常に簡単で、研磨皿の径や曲率などの数値入力と、希望の加工形状の選択により、従来手作業では困難だった形状の研磨パット加工を可能にします。
合せて、本システムは過去に加工した同一形状の研磨パットを再作する際、保存した過去の加工データをご使用頂きますと、極めて優れた加工形状の再現性により、作業者を選ばない段取り準備を可能にする特徴を持っております。
尚、加工機本体につきましてはレーザー加工機とカッティングプロッタそれぞれ多機種をご用意しております。加工可能な材質、研磨パットの大きさ、厚み、加工スピード、可能な加工形状等について、加工機本体の選択により様々な違いがございますので、詳しくは弊社担当者までお問い合わせをお願い致します。

pocat01.jpg

※レーザー加工機のシステム構成の一例です。

pocat02.jpg
pocat03.jpg pocat04.jpg

カッティングプロッタのシステム構成の一例です。

 

 

ソフトの特徴

当ソフトは、レーザー加工機を利用することにより、研磨パッド等のカッティング作業を容易に行うことが出来るようプログラムされた、オリジナルシステムです。
大量の加工・複雑な形状の加工でも簡単にパッド作製することが可能で、作業時間の短縮。作業効率の向上にもつながるシステムです。

 

導入例

po01.jpg po02.jpg

 

操作画面

pocat05.jpg

※操作画面はレーザー加工機を使用した場合のシステムの為、カッティングプロッタを使用した場合は「吸着穴カット」「保護径部テーパーカット」の機能はございません。

po03.jpg
●仕様・外観については、予告なしに変更する場合があります。

po04.jpg

 

パットカット加工形状の参考例

pocat06.jpg

※上記のパット加工形状参考例は、レーザー加工機と組み合わせたシステムの場合になります。カッティングプロッタを使用したシステムの場合は、「吸着穴カット」「保護径部テーパーカット」の加工形状指定の機能が無い為、加工が出来ない形状がございます。

 

販売・製造元

cat05.jpg  cat06.jpg


▲pagetop